エクステリアのキレイな家

外側を守る効果

粘土で出来た親子と家

リフォーム工事の際に行っておきたいのが外壁塗装です。リフォームをすることで家を買い換えずに新しい家に住んでいるような気分になることができます。エクステリアに拘ること内側だけではなく、外側も綺麗な家にすることができます。

Read more

工事の流れ

外壁塗装中の家

外壁塗装を行う場合は、塗装工事やリフォーム工事の流れを把握しておくことが大切です。外壁の種類によっても流れは多少変わりますが、基本的には同じです。まずは足場を設置して、下地調整を行っていきます。

Read more

塗装の費用

作業中の男性作業員

リフォーム工事をして内面を綺麗にすることができ、外壁塗装をすることでエクステリアを綺麗にすることができます。外壁塗装をする際に気になるのが、費用です。依頼する業者によって費用は異なるので、相場を把握しておきましょう。

Read more
新築の綺麗なホテル

4種類それぞれの特徴


直接施行だから低価格で高品質です!外壁塗装を越谷市で行なうなら、創業30年の実績があるこちらが良いですよ。

外壁塗装を横浜で行なう際は、保証付きの会社へ依頼しましょう。施工だけでなく長く付き合える安心の会社選びが重要ですよ。

家に住み続けていると、雨風にさらされて外壁がボロボロになってしまったり、有害な紫外線を受けてダメージを受けてしまったりします。放置しておくと、状態は悪くなる一方なので、外壁塗装をした方が良いです。
外壁塗装をすることで紫外線や酸性雨などから、家を保護することができます。保護するだけではなく、家の内側と外側の両方の音を遮断することができます。また、色に拘ることでエクステリアを綺麗にすることもできます。

外壁塗装を行う際に確認しておきたいのが、外壁塗装の種類です。様々な種類がありますが、大きく分けるとアクリル、ウレタン、シリコン、フッソの4種類です。
それぞれ塗り替え時期が違っていて、塗り替え時期が長くなればその分塗料のグレードは高くなるので、料金も高くなります。
一番安価なのがアクリルで、塗り替え時期は6年~7年程度です。逆に、一番効果なのがフッソで、耐用年数は15年~20年です。ウレタンは8年~10年、シリコンは12年~15年の耐用年数です。
このように様々な種類がありますが、溶剤タイプと水性タイプでも特徴は異なりますし、塗膜の硬さ、弾性塗料など多くの種類があるのです。

ほとんどの新築住宅に行われている外壁塗装は、アクリル系です。安価で行うことができるのですが、汚れやすく、割れやヒビができやすいので注意が必要です。
アクリル系の注意点を補うために作られたのが、ウレタン系の外壁塗装です。下地として効果を果たしてくれますし、コストパフォーマンスも良いので、業者からも勧められることが多いです。
ウレタン系とあまり効果や価格が変わらないのが、シリコン系の外壁塗装です。あまり変わらないのですが、アクリル系よりも汚れにくいというメリットがあります。
外壁塗装よりも屋根材の塗料として使われることが多いのが、フッソ系です。住宅の耐久性を考慮する場合でもシリコン系やウレタン系でも十分なのですが、予算がある場合は、フッソ系を採用すると良いです。

水が腐らない塗料です!金属塗装を行なうならこちら。30年の実績があるから信頼することができます。臭いにも困りません。

オススメリンク


外壁のリフォームの業者はここに載っています!信頼できる業者ばかりなのでどこに頼もうと信頼できますよ!

分かりやすい会計で外壁塗装を行ってくれるこの業者がとても人気です。住宅のメンテナンスに依頼を検討してみませんか。