個人情報の管理に利用|自分は大丈夫と思わないことが重要|家庭用防犯カメラでリスクを回避

自分は大丈夫と思わないことが重要|家庭用防犯カメラでリスクを回避

個人情報の管理に利用

ガードマン

一時は品薄状態に

金庫には火災から財産を守る耐火用、盗難から守る防盗用などがあります。その他、薬品用やデーター管理用、ホテルやゴルフ場などで使用する貴重品用など、特殊な物を含めると様々な金庫が存在します。これらの金庫は、企業や研究機関、銀行、宿泊施設などで利用されるのが一般的ですが、最近では小型の家庭用金庫が良く売れていると言います。金庫だと一見するとわからないタイプも登場してきました。売れ行きは全国で好調であり、ホームセンターや通販などでは特設コーナーが設置されるほどの人気ぶりです。その後も品薄状態が続き、特に小型の耐火金庫は入荷待ちの状態も続きました。貴重品やタンス預金が目的となる家庭用金庫ですが、今回の品薄状態のきっかけになった理由にマイナンバー制度のスタートが背景としてありました。

マイナンバー制度がの保管

家庭用金庫が良く売れている理由として、銀行のマイナス金利を懸念したタンス預金などが考えられます。しかし、それ以上の引き金となったのが2015年10月に施工されたマイナンバー制度です。マイナンバーは重要な特定個人情報です。その為、他人に不正利用されないようにするには厳重に保管する事が求められ、その対策として家庭用金庫を購入し自宅で保管する方が増えたと考えられます。この様に、現金や証券などの管理目的であった金庫は、家庭用として個人情報の管理まで利用範囲が広がりました。個人情報の保護意識の高まりを考えると、今後も金庫の需要が絶えることはないと考えられます。なお金庫といってもそのサイズは千差万別です。大型の金庫を購入する際にどのように搬入するか悩む方もいますが、販売業者が希望箇所まで設置してくれることが多いので、重量のある金庫でも安心して購入できます。